愛知県豊田市 引越し費用が格安の業者の探し方は?

豊田市での引っ越し経験者の体験談

豊田市大林町から豊田市上郷町へ引越し

私はこの2017年1月現在、引越し準備中です。入居予定は2017年1月14日です。

 

引越し先は5km程度しか離れていませんが、愛知県豊田市大林町から豊田市上郷町です。

 

現在は会社の独身寮に住んでおりますが、入居できる期限が30歳になる年度までという決まりがあり、私はその対象なので引越さなければなりません。

 

引越し先の部屋は独身の為、1DKで26uで和室、駐車場有りです。

 

会社から徒歩15分程度、最寄り駅からは徒歩10分といった立地で、家賃、共益費、駐車場代込みで36000円程度と値段もそれなりだったのが決めた理由です。

 

引越す際に業者に依頼することも検討しましたが、結局自分で運ぶことにしました。理由は自分の所有物が少ないからです。

 

現在荷物を段ボール箱に詰め合わせていますが、服類や小物類でミカン箱3箱程度です。

 

その他パソコンやプリンター等、自分の車で4往復程度すれば運搬は終わりそうなので自分で行なった方が良いという結論に至りました。

 

その他苦労している点では、住所登録しているお店等に住所変更を依頼したり、使わないお店は情報削除を依頼したりと様々な手続きの変更の手間がかかっております。

 

現在は荷物の整理ができており、年始の休みが終わり次第荷物の搬入、家電の購入等して2月から新生活を始めたいと考えております。

 



 

愛知県豊田市

豊田市は愛知県北部に位置しており、愛知県最大の面積を持つ中核市です。豊田市の名前の由来、トヨタ自動車が本社を置いている企業城下町であることに由来しており、トヨタの自動車産業が本格的に軌道に乗り始めた1959年に、伝統的な「挙母市」という名称から市名変更されました。明治時代には養蚕やガラ紡による製糸業が発達し、特に巴川の支流では急流を利用した水車ガラ紡が発達しましたが、戦後は他の地域と同じく繊維業が衰退するようになりました。

 

代わりにトヨタ自動車の工場が完成し、軌道に乗るようになると、トヨタの企業城下町として製造業が発展しました。そのため、製造品出荷額は、全市区町村の中でも東京23区を抜いて堂々の一位となっており、トヨタカレンダーで営業する個人商店も多いです。また、製造業が盛んなことから外国籍住民も多く、特にブラジル系の市民が多くみられます。

 

このように、豊田市と大きく関わっているトヨタ自動車ですが、近年は世界金融危機の影響でトヨタ自動車の業績も悪化しており、豊田市の財政に大きな影響を与えています。豊田市は、同じく自動車産業の盛んなアメリカのデトロイト市と、イギリスの南ダービーシャー市と姉妹都市提携を結んでいます。

 

愛知県豊田市《料金が安い引越し業者を探すには?》関連ページ

岡崎市
豊橋市
安城市
一宮市
豊川市
小牧市
稲沢市
刈谷市
春日井市
瀬戸市
半田市