愛知県春日井市 費用の安い引越し業者の選び方は?

春日井市での引っ越し経験者の体験談

春日井市内の4LDK戸建へ家族引越し

夫婦2人と子供1人の家族になり、アパートが手狭になったので、1LDKのアパートから4LDKの戸建に引っ越すことになりました。引越したのは2012年12月下旬の土曜日。

 

インターネットで引越し業者見積もりサイトに登録した途端、電話がジャンジャンなり、4つの業者に見積もりしてもらうことになりました。住まいは愛知県春日井市。新居も車で5分の市内だったのでそんなに高くないだろうと思い、予算は3万円代と勝手に決めていました。ベッドもなかったし、冷蔵庫もなかったし、ちょっと大きいものと言えば洗濯機だけでしたので。

 

でもどの業者も安くても6万円代。ちょうどクリスマス前だったので、「クリスマス前の休日に引っ越して新居でクリスマス迎える人が多いんですよね」と言われました。

 

一番最初に見積もりした引越しのサカイだけは「即決してくれたら3万円代でOK」と言ってくれましたが即決できず、やはりその他の業者の方が高かったので後からサカイに電話したら39000円で契約することになりました。

 

引越し当日はしっかり時間通りに来てくれ、仕事も丁寧でした。安い値段だったけど、文句ない仕事ぶりでした。荷物の搬入が終わったあと、「何か1つなんでも手伝います」というサービスが付いていたので、お庭の草むしりを頼んだら快く引き受けてくれました。料金も見積もり通り39000円でした。

 

やはり人気のある業者だけあるなぁと思います。とてもいい業者です。

愛知県春日井市

春日井市は、名古屋市の北部に隣接している特例市です。春日井市といえば、実生サボテンの生産数が全国一であり、桃やブドウなどの果樹生産も盛んです。また、春日井市は平安時代に活躍した書道家、小野道風の出身地といわれており、そのため春日井市ではサボテンと小野道風をモチーフにしたゆるキャラを数種類制作しており、サボテンを使ったラーメン、焼きそばなど、サボテン料理による町興しも試みられています。

 

また、春日井市は剣道のまちとしても知られており、毎年春には全国高等学校選抜剣道大会が行われます。観光に力を入れている春日井市ですが、王子製紙やトヨタ、パナソニックグループなどの工場が多く存在しており、工業も盛んです。特に王子製紙は、国内技術によって生産された初めてのティシュペーパー「ネピア」の生産を春日井市で続けてきたという経緯から、春日井市と連携して「ネピア」のブランド化推進事業と社会貢献事業をともに推し進めています。

 

また、春日井市にはLIVINやイオンなどの大型ショッピングセンターも多く、高蔵寺ニュータウンを始めとした大規模団地の開発も進んでおり、名古屋市のベッドタウン化となっています。

 



 

愛知県春日井市《料金が安い引越し業者を探すには?》関連ページ

岡崎市
豊橋市
安城市
一宮市
豊田市
豊川市
小牧市
稲沢市
刈谷市
瀬戸市
半田市