愛知県刈谷市 引越し業者はどこが良い?

 

刈谷市での引っ越し経験者の体験談

刈谷市内の2LDKマンションへ4人家族で引っ越し

住んでいた社宅が急に閉鎖されることになってしまい、通知が出た翌月じゅうに引越さなければならなくなりました。通勤のこともあるので同じ愛知県刈谷市内で転居先を探しました。夫婦と幼児2人の4人家族で、2LDKの社宅から同じ2LDKのマンションへ引越しました。引っ越し業者に運んでもらったのは2016年10月上旬の日曜日です。

 

会社の都合による転居のため、引っ越し業者は指定されており、料金は会社負担でした。お世話になったのはアート引越センターさんでした。3人のチームで挨拶もよく、丁寧な対応でしたが、リーダーさんは慣れた雰囲気でてきぱきしていましたが、後の2人は若いおそらくアルバイトさんのようで、まだ不慣れな感じでした。

 

どちらもエレベーターのない3階だったため大変だったのと、要領があまりよくなかったのとで、お昼前から運び出しが始まって新居に荷物が全て入ったのが20時近くでした。市内だったのでここまで時間がかかるとは思っていませんでしたが、料金は自己負担でなかったのであまり文句は言えませんでした。

 

 

 

刈谷市は、愛知県の西三河地区の西端に位置しており、江戸時代は土井氏の城下町として栄えました。かつての刈谷市は、豊富な地下水を利用した酒造業が盛んであり、菊の世広瀬酒造、稲徳酒造などの有名な酒造元がいくつも存在しており、美酒の産地として知られていました。明治以降は、三河鉄道や教育機関の誘致を成功させ、さらに豊田自動織機の誘致に成功しました。戦争中の空襲を逃れたことも後押しし、豊田自動織機を中心に工業都市へと急速に発展しました。現在は、豊田自動織機に加え、デンソー、トヨタ紡織、トヨタ車体など、トヨタグループの中心企業の本社や主力工場が存在している、日本有数の自動車工業都市となっています。しかしその一方で中心市街地の衰退が激しく、公共施設の乱造などから、まち造りの失敗例として挙げられることも多いです。刈谷市の小堤西池は、刈谷市の中でも自然が残っている数少ない地域であり、天然記念物であるカキツバタ群落を見ることができる「日本三大カキツバタ自生地」のひとつです。また、刈谷市は古代から人が住んでおり、市内には貝塚も多く存在しています。

 



 

愛知県刈谷市《料金が安い引越し業者を探すには?》関連ページ

岡崎市
豊橋市
安城市
一宮市
豊田市
豊川市
小牧市
稲沢市
春日井市
瀬戸市
半田市