愛知県稲沢市 格安引越し業者を探すには?

稲沢市の引っ越し経験者の体験談

北名古屋市から稲沢市の戸建て5LDKマイホームへ家族引っ越し

2016年4月4日月曜日に愛知県北名古屋市から稲沢市へ賃貸戸建て3LDKから戸建て5LDKへ、念願のマイホームを建てて母と夫婦2人、子供2人の5人家族の引っ越しでした。

 

業者はサカイ引越センターでお願いしました。前回の引っ越しもサカイさんでお願いしたので今回もと思い、見積もりに来ていただ来ました。見積もりに来ていただいたのも3月の中旬で遅かったことと、4月という一番の繁忙期だったため割引は少なかったです。

 

エアコンの脱着を電気屋でお願いしようと思って調べたのですが結局、引っ越し業者に頼んだ方が安かったのでオプションでエアコンの脱着もお願いしました。

 

当日はトラック3往復の予定でしたが午後から1台応援に来てもらえ2往復で終わりました。片付けがなかなか終わってなかったなですが少し手伝ってもらいながら、無理をお願いしてなんとか荷物を運び出し、新しい家に運んで来れました。

 

10分のなんでもやってくれるサービスがあったので靴を出してもらってシューズクロークに入れてもらいました。料金は見積もり通り、追加金もなく終了しました。

 

とてもよく動いてくれて感じも良く、頼んで良かったです。

 



 

 

愛知県稲沢市

稲沢市は、愛知県の北西部にある市です。稲沢市の西には木曽川が流れ、堆積された肥よくな土壌と温和な気候を生かした植木産業が全国的に知られており、日本の四大産地の一つです。また、全国一の銀杏の産地でもあります。稲沢市は、かつては尾張国の政治・文化の中心地として国府が置かれており、東海道と中山道を結ぶ美濃路の宿場町として栄えました。そのため、史跡や文化財が数多く残されており、国の重要文化財は23件、県指定文化財は32件、市指定文化財は111件にも及びます。全国的に有名な「国府宮はだか祭」が行われており、裸祭りを含めて様々な共通点が多いことから、ギリシャのオリンピア市と姉妹都市を結んでいます。稲沢市は、かつて旧国鉄稲沢操車場があったことでも知られており、日本の三大操車場の一つとして、中部の人と物の流れを支えてきました。現在、稲沢操車場の跡地とその周辺は、尾張西部の新たな都市拠点として開発が行われています。交通の利便性の高さからソニーグループなどの工場が多く、名古屋市へのアクセスが良さも稲沢市のベッドタウンとしての発展を推し進めています。

 

愛知県稲沢市《料金が安い引越し業者を探すには?》関連ページ

岡崎市
豊橋市
安城市
一宮市
豊田市
豊川市
小牧市
刈谷市
春日井市
瀬戸市
半田市