愛知県一宮市 どこの引越し業者が安い?

一宮市の引っ越し経験者の体験談

名古屋市中村区から一宮市の戸建てマイホームに夫婦ふたり世帯で引っ越し

新築の戸建ての家を購入し、今まで住んでいたアパートを引き払うことになったのでアパートから新居へ引っ越すこととなりました。

 

その時の世帯は自分と妻の夫婦二人で、引っ越しをしたのは2014年の1月の祝日となります。

 

もともとは愛知県名古屋市中村区に住んでいましたが、愛知県の一宮市に家を購入したので、そこに引っ越すことになりました。

 

夫婦二人で引っ越しをするにあたり、ソファーやベッド、冷蔵庫などの大型の家具・家電は持ち運びが大変でしたので、引っ越し専門業者を利用することにしました。業者はアーク引っ越しセンターです。

 

梱包や細かいものは自分たちで運ぶつもりでしたので、それで見積もりを出してもらったところ、税込43,200円で他の業者に頼んでも似たりよったりでしたので、大手という信頼もあって、また、営業担当の感じがよかったのでアーク引っ越しセンターに依頼をしました。

 

追加料金は一切なく実際にその金額で引っ越しを依頼することができました。

 

引っ越し業者は大手だけあってか、非常に手際よく、時間通りに進めてくれて、非常に満足しました。料金も妥当だったと思います。おかげで新居で気持ちよく住み始めることができました。



 

愛知県一宮市

一宮市は愛知県の北西部に位置しており、特例市に指定されています。一宮市は古くから織物の産地として有名で、江戸時代には「三八市」で、一宮産の結城縞、寛大寺縞などの織物が売買されました。明治以降は紡績工業が発展し、「女工の街」と呼ばれました。しかし、繊維関連の下請け業が安価な輸入品に取って代わられるようになってから、一宮市の財政も厳しい状況になっています。

 

一宮市は2005年に尾西市と葉栗郡木曽川町を編入し、人口38万人以上の都市となりましたが、財政難などの理由で中核市への移行が未だなされていません。ですが、1975年には東海レーヨン本社工場がユニー一宮店(現在はアピタ一宮店)に生まれ変わり、2004年には旧倉敷紡績木曽川工場がダイヤモンドシティ・キリオ(現イオンモール木曽川)に生まれ変わっており、繊維関係の大規模工場が再編されるなど、再開発が進んでいます。

 

また、一宮市では「ジャパン・テキスタイル・コンテスト」が開かれており、繊維産業を担う人材の育成に力を注いでいます。一宮市は、「伊吹おろし」を利用した切り干し大根作りや、「一宮七夕まつり」などでも有名です。

 

愛知県一宮市《料金が安い引越し業者を探すには?》関連ページ

岡崎市
豊橋市
安城市
豊田市
豊川市
小牧市
稲沢市
刈谷市
春日井市
瀬戸市
半田市